人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

社員が出張後に観光をして帰宅する場合、その交通費は出張旅費として会社が負担すべきですか?

社員から大阪出張を終えた後に、その足で京都へ観光に行く旨の事前連絡を受けています。このように出張後に観光をして帰宅する場合の交通費については、通常の出張旅費と同じように会社が負担すべきでしょうか?



出張後に観光をして帰宅をする場合の交通費は課税対象となるため、一般的には会社が負担をするケースは少ないと考えられます。

所得税法第9条4では、出張時の交通費について次のように定められています。

【非課税所得】
所得税法第9条 次に掲げる所得については、所得税を課さない。
(略)
4.給与所得を有する者が勤務する場所を離れてその職務を遂行するため旅行をし、若しくは転任に伴う転居のための旅行をした場合又は就職若しくは退職をした者若しくは死亡による退職をした者の遺族がこれらに伴う転居のための旅行をした場合に、その旅行に必要な支出に充てるため支給される金品で、その旅行について通常必要であると認められるもの

出張時の交通費が「通常必要であると認められるもの」である場合には非課税とされますが、ご質問の交通費は職務遂行に直接必要がない観光を伴うものであり、これに該当しないものと解釈するのが妥当です。
非課税に該当しない交通費までを会社負担するかは、会社ごとの任意の判断となりますが、一般的には会社負担とするケースは少ないと考えられます。

そこで、今回のような交通費を支給対象外とするのであれば、自社の出張旅費規程に次のような条文を追加することで、あらかじめ明確にしておくのがよいでしょう。

【(旅費の不支給)】
第○条 出張中において、あらかじめ所属長の許可を得て私事のために迂路を通過し、または滞留する場合には、余分の旅程および日数に対しては、旅費を支給しない。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務顧問サービス


2013年02月20日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: