人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

第1子の育児休業中に第2子を妊娠した場合、育児休業と産前休業のどちらを選択するのが給付面で得ですか?

育児休業を取得中の社員が、第2子を妊娠したようです。当該社員から、第1子の育児休業を継続するのと、第2子の産前休業に切り替えるのと、健康保険や雇用保険の給付面においては、どちらが得なのかと聞かれました。選択結果によって違いはあるのでしょうか?



ご質問のケースでは、育児休業を継続した方が給付面では社員にとって有利となります。

【育児休業・産前休業中の公的給付】
1.育児休業中の給付
育児休業は、本人の申請により原則として子が1歳(誕生日の前日)まで取得することができ、その間は雇用保険から育児休業給付金が支給され、社会保険料が免除されます。
2.産前休業中の給付
産前休業は、本人の申請により出産日以前6週間において取得することができ、その間は健康保険から出産手当金が支給されます。

【育児休業と産前休業が重複する場合】
どちらも本人の申請により取得することができるため、この場合は本人の選択となります。
1.育児休業を選択した場合
出産手当金は、出産日以前6週間において労務に就いていないことが前提となります。第2子の産前休業を申請せずに、第1子の育児休業を継続したままでも、出産日以前6週間に労務に就いていなければ、出産手当金を受給することができます。したがって、第1子にかかる育児休業給付金と第2子にかかる出産手当金の併給が可能ということです。
2.産前休業を選択した場合
育児休業給付金や保険料免除は、あくまで育児休業を取得していることが前提となります。第2子の産前休業を申請すると、第1子の育児休業が終了し、それに伴って育児休業給付は打ち切られ、社会保険料の免除も終了します。したがって、第2子にかかる出産手当金のみしか受給できません。

なお、産前休業と異なり、産後休業(出産日後8週間)は、本人の請求の有無にかかわらず必ず取得するものですので、第2子の出産日をもって育児休業給付金と社会保険料の免除は終了します。

出産手当金については、加入している健保組合によっては独自の付加給付によって上乗せされる可能性もあります。管轄の各役所へのご確認の上、手続きを進めることをお勧めいたします。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務顧問サービス


2013年03月19日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: