人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

入社当初から就業規則と異なる試用期間を設けることはできますか?

当社の就業規則では、試用期間は3ヶ月と定めています。
しかし、今回の採用予定者は、特殊な商品を取り扱うことが求められる職種であるため、3ヶ月では見極めが厳しいと考えています。この場合、試用期間を当初から6ヶ月とすることを条件に採用することはできるのでしょうか?



社員の同意が得られれば、当初から試用期間を6ヶ月にとしても問題ないものと考えられます。

試用期間3ヶ月の労働条件では採用に至らないが、6ヶ月に変更することを条件に入社を認めるという主旨であれば、採用予定者に入社の機会を広く与えることになり、必ずしも本人にとって不利益なものとは言えません。

そこで、採用条件として当初から試用期間を6ヶ月とすることは差し支えありませんが、後々不利益な変更と主張されないためにも、労働契約書に6ヶ月とした理由を記載し、書面で同意を得ておくのがよいものと考えます。

なお、試用期間は法令による直接的な制約はないため、試用期間を設定するか否か、また試用期間の長さも会社の裁量によって決定することができます。

しかし、試用期間の目的は、能力や人柄を見極め、職務の適性があるか否かを判断するため設けるものですので、不当に長すぎると、労働者の安定した生活の確保という観点から不利益をもたらすと判断されます。
そのため、過去の裁判例では1年程度までは認めているケースもありますが、実務上は最長でも6ヶ月程度に留めておくのが一般的とされています。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務顧問サービス


2013年04月20日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: