人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

36協定の1日の延長限度が5時間の場合、法定外休日には何時間労働させることができますか?

当社は週休2日制で、日曜が法定休日、土曜は法定外休日と定めています。土曜に勤務させる場合には、法定休日労働には該当しないことから、36協定に定める時間外労働の延長限度の制約を受けるかと思います。仮に1日の延長限度を5時間と定めている場合には、土曜は何時間まで労働させることができるのでしょうか?



土曜においても、「1日の法定労働時間+1日の協定延長時間」の範囲内で労働させることができます。

休日である土曜の出勤は、時間外労働か休日労働のいずれかに分類されますが、土曜が法定休日に該当しない場合には、時間外労働に含めることになります。時間外労働が、1日8時間・1週40時間の法定労働時間を超える場合には、36協定により「1日」「1日を超える一定期間(3ヶ月以内)」「1年」のそれぞれで限度時間を定める必要があります。

ご質問の事例では、土曜は法定外休日で所定労働時間がゼロのため、協定に従えば1日5時間を超えての時間外労働はできないのではないかという疑問が生じます。しかし、協定では、1日8時間の法定労働時間を超えて何時間まで時間外が可能かを定めているため、その日の所定労働時間が何時間であるかは問いません。

したがって、土曜であっても時間外労働の上限は通常の労働日と変わりなく、1日の法定労働時間(8時間)+1日の協定延長時間(5時間)」の範囲で労働させることが可能です。

なお、法定休日に労働させる場合には、36協定に「労働させることができる休日並びに始業および終業時刻」を記載し、この規定にもとづき休日労働を命じることができます。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務顧問サービス



Romu.jp内の関連リンク
【基礎知識】労働基準法 


2014年02月20日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: