人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

取引先との親睦目的の接待ゴルフの時間も労働時間となりますか?

当社の社員が、取引先との親睦を深めるために、会社の休日に接待ゴルフをしました。当該社員からは、取引先との接待も仕事の一貫であり休日出勤ではないか、と問い合わせが来ていますが、会社は接待ゴルフの時間も労働時間として取り扱う必要がありますか?



取引先との接待ゴルフは、業務との関連性を全く有しないということはありませんが、親睦を深めることが目的であり、会社から参加について強制力が働いていない限りは、基本的には労働時間と認める必要はありません。これは、取引先から招待された場合はもちろん、自社が招待した場合も同様の考え方となります。ここでいう会社からの強制力とは次の様な場合が該当します。

1.接待ゴルフへの参加が明確な業務命令としてなされていた
2.参加をしなかった場合に、人事考課において不利益な取り扱いをうける

ただし、自社が接待ゴルフとしてゴルフコンペを主催する場合で、本人はプレーせず、コンペの準備、進行等の任務を命じられて参加する社員については、それは会社からの業務命令による主たる業務といえますので、労働時間として取り扱う必要があります。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務顧問サービス



Romu.jp内の関連リンク
【基礎知識】労働基準法 


2015年06月19日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: