人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

衛生推進者の資格要件である「労働衛生の実務」とはどのような経験を必要としますか?

常時使用する労働者が10人以上となり、衛生推進者の選任が必要となりました。衛生推進者の資格要件の一つとして「大学等を卒業し、その後1年以上の労働衛生の実務を経験した者」がありますが、ここでの「労働衛生の実務」とは、具体的にどのような実務経験があれば足りるのでしょうか?



衛生関係部署における固有の業務に限らず、管理職の立場で付随的に行う職場内の掃除や施設の点検作業なども実務経験になり得ます。

「労働衛生の実務」の具体的な範囲は通達で以下のように示されており、必ずしも衛生管理業務に特化した実務経験を要する訳ではありません。

「安全衛生の実務」とは、必ずしも事業場内の安全衛生関係の部署における安全衛生業務に限定するものではなく、生産ライン、事務所等において管理又は監督的立場にある者が業務の遂行に伴い、危険箇所の改善、労働者の健康状態の確認等安全衛生上の配慮を行うこと、健康診断、安全衛生教育等の安全衛生に係る業務を行うこと等も含まれる(昭63.12.9基発第748号)。また、「衛生の実務」とは、これらのうち衛生に係るものをいう(同通達)。

また、類似する衛生管理者(常時50人以上で選任義務)では、労働衛生の実務の確認は「事業者証明書」により行うものとされており、以下のような業務が列挙されています。これらも衛生推進者の実務経験の判断の参考にしてよいでしょう。

1.健康診断実施に必要な事項・結果の処理業務
2.作業環境の衛生調査業務
3.施設の衛生改善業務
4.労働衛生保護具・救急用具等の点検・整備の業務
5.衛生教育の企画実施業務
6.労働衛生の統計作成業務
7.看護師・准看護師の業務
8.労働衛生に関係する作業主任者業務
9.労働衛生に関係する試験研究業務
10.自衛隊の衛生担当者、衛生隊員
11.保健所で試験、研究に従事している人
12. 建築物環境衛生管理者の業務

なお、実務を有する者が全くいない場合には、労働衛生推進者講習を受講することで資格要件を満たすことができます。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務顧問サービス


2016年06月20日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: