人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

非居住者になった社員に賞与を支給する場合、所得税を徴収する必要はありますか?

海外転勤により非居住者になった社員に賞与を支給します。その社員は、賞与の算定期間の途中で非居住者になったのですが、所得税の取り扱いはどのようにすればいいですか?



居住者であった期間に相当する賞与額については、所得税の源泉徴収が必要です。

非居住者に支給する賞与については、支給日の時点で非居住者であっても、その賞与の算定期間内に居住者であった期間(国内勤務期間)がある場合、当該期間分の賞与は国内源泉所得となりますので、所得税の源泉徴収が必要となります。

【所得税の算出方法】
1.賞与の算定期間を国内勤務期間と国外勤務期間に分けて、国内勤務期間に相当する賞与額を算出する。
2.1で算出した賞与額に、20.42%の税率をかけて所得税を求める。

なお、通常は社会保険料等控除後の金額から税額を求めますが、非居住者の国内源泉所得への税額計算は社会保険料等を控除せず、対象となる全額に対して税額を求めますので注意が必要です。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス人事労務アウトソーシング



Romu.jp内の関連リンク
【基礎知識】その他  【実務Q&A】その他 


2016年09月20日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: