人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

私用外出後に残業が生じた場合、残業代を支給する必要はありますか?

当社の就業時間は9:00~18:00、休憩時間は12:00~13:00ですが、ある社員が就業の途中で30分間の私用外出をして、勤務再開後18:30まで就業しました。会社の規程では「所定の終業時間を超えて労働をした場合」に残業代を支給すると明記されていますが、当日の労働時間は8時間を超えておりませんので、残業代を支給しないことでよろしいでしょうか?



残業代を支給する必要があります。

労働基準法の基準と就業規則の内容が異なる場合、どちらを適用するのが正しいのでしょうか。

就業規則の内容が労働基準法の基準を下回る場合は就業規則の内容が無効となり、無効となった部分については労働基準法の基準が適用されます。反対に就業規則の内容が労働基準法の基準を上回る場合は、就業規則の内容が適用されることになります。よって、ご相談のケースでは就業規則の内容が労働基準法の基準を上回るので、就業規則の内容が適用され残業代の支払いが必要となります。

なお、私用外出の時間についてはノーワーク・ノーペイの原則に基づき、当該時間分の賃金を控除することが可能となります。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務顧問サービス


2016年11月18日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: