人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

労働基準監督署の調査はどのような手順で行われるのですか?

調査のことを臨検監督と言います。原則抜き打ちで行われるのですが、事前に日時を決めて種類等を揃えた状態で調査をすることもあります。調査の結果、法令違反や改善事項が発見されると、書面で指導を受けることになります。会社は指定された期日までに、指摘された事項について是正状況を報告しなければなりません。
 

労働基準監督署(以下、労基署)の調査は以下の流れで行われます。
 

1.臨検監督の種類
(1)定期監督:労基署が計画的かつ定期的に行う調査のこと。但し労働者等からの情報によりその優先順位は変化すると考えられます。
(2)申告監査:労働者から未払残業代等その他権利救済を求める申告があった場合に行う調査のこと。労基署はその内容を確認し必要に応じて是正指示をします。
(3)災害時監督:労災事故が発生した際、法違反が推測される場合、原因の究明や再発防止の指導を目的として行う調査のこと。併せて労働基準法に関する法律違反状況の確認をします。
(4)再監督:上記3つの調査で指摘された法違反が指摘され、その後是正措置等がなされているか確認をするための調査。是正報告等が適正になされない場合も行われます。
 

2.予告
労働基準監督官(以下、監督官)が立ち入り調査に来る場合は、大きく2つのパターンがあります。
(1)電話やFAXで調査日を予告してやってくる
(2)事前予告なしに突然やってくる
法令違反が疑わしい場合には、証拠の隠滅や改ざんを防ぐために、抜き打ちでやってくることが多く見受けられます。
 

3.立ち入り調査
調査当日は次のような手順で行われます。
(1)帳簿や書類のチェック
(2)事業主や人事責任者へのヒアリング
(3)事業所への立ち入り及び社員へのヒアリング
労働時間に違反の疑いがある場合には、パソコンのログイン記録や警備会社に残っている入退室記録までが調査の対象となることもあります。また、労基署への出頭を命じられることもあります。
 

4.是正勧告書・指導票の交付
調査の結果、法令に違反する事実が判明した場合は、違反事項とその事実を是正しなければならない期限が記載された「是正報告書」が交付されます。また、法令違反ではないが、改善する必要があると認められた場合は「指導票」が交付されます。これらは、調査当日に交付されることもあれば、後日日時を指定されて労基署に出頭して交付されることもあります。
 

5.是正報告書の提出
是正勧告書や指導票が交付された場合には、指定された期日までに指摘事項を是正・改善しなければならず、その結果を「是正報告書」として労基署へ報告しなければなりません。


経営へのインパクト:

労働時間を実際より過少に申告させていたような場合でも、サーバーや入退室の記録をたどれば、実態とのずれが暴かれてしまいます。こうなると、ほとんど言い逃れできません。形式的に労働法令を満たしているように見せかけても、調査では通用しないことがあります。調査の結果、未払い残業(サービス残業)が発覚すれば、過去に遡って残業代の支払を命じられることになります。
一度調査が入れば突然多大な負担を強いることになるため、このようなリスクを抱えている場合には、専門的な見地から早急に対応する必要があります。運用の仕方を変えるだけで、コストを掛けずにサービス残業対策を講じることも可能な場合があります。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス労務コンプライアンス監査



Romu.jp内の関連リンク
【基礎知識】労働基準法 


2018年05月01日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: