人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

【実務】退職・解雇の記事一覧


正社員であった者を、休日を挟んで契約社員に変更した場合、社会保険の喪失・取得手続きが必要となりますか?

土日で会社が休みだとしても、暦上、在籍期間が空いている場合は、社会保険・雇用保険のそれぞれで喪失・取得の手続きが必要となります。 雇用形態が変更された場合において、在籍期間が1日の空白もなく継続してい...


【実務】退職・解雇:2014年10月20日寄稿

MORE

過去数回にわたり契約更新してきたパートとの有期労働契約を雇止めするには、どのような点に注意したらよいですか?

契約更新が続いたことにより、以下のいずれかに該当することになった有期労働契約を雇止めにする場合には、30日前までにその予告を行う必要があります。 1.1年以下の有期労働契約が更新又は反復更新され、最初...


【実務】退職・解雇:2012年06月20日寄稿

MORE

就業規則で定められた提出期限より後に提出された退職届は認められますか?

就業規則で30日と定めていても、民法の契約解除のルールが適用されるため、この退職届は有効なものとして認められ、15日後が当該社員の退職日となります。 退職届の提出期日は、一般的に就業規則で定められてい...


【実務】退職・解雇:2012年04月20日寄稿

MORE

採用時に必要な書類の提出を拒否した場合、この社員の採用を取り消してもよいですか。

採用後の業務遂行や諸手続に必要不可欠な書類であれば、採用取り消しが認められる場合があります。 会社がいったん採用の意思を本人に通知した場合には労働契約が成立したものと認められ、その後の会社からの一方的...


【実務】退職・解雇:2011年07月20日寄稿

MORE

有期雇用の契約社員からの退職の申し出(中途解除)を拒否することはできますか?

退職理由によっては退職の申し出を断ることができます。また、退職の申し出を受け入れた場合であっても、実際に損害が発生した場合には、社員に対して損害賠償請求が可能です。  【有期契約の原則】1....


【実務】退職・解雇:2010年05月14日寄稿

MORE

希望退職を募るにはどのように進めたらよいですか?

募集人員、募集対象者、募集期間、退職条件の検討を行い、それらの内容を社員へ明示し募集を行なうことになります。希望退職制度はあくまでも労働者の自由意思により退職を誘引するためのものです。退職を強要するよ...


【実務】退職・解雇:2010年05月14日寄稿

MORE

退職時に有給休暇の買上げの請求があった場合、会社は応じなければなりませんか?

退職時の有給休暇の買上げは会社の自由です。社員の請求に応じる必要はありません。  【年次有給休暇の買上げの可否】未消化の年次有給休暇を金銭で処理することを「有給休暇の買上げ」と言いますが、「...


【実務】退職・解雇:2010年05月14日寄稿

MORE

死亡した社員の給与計算は、通常どおりの計算方法でよいですか?

死亡日後に支給日が到来する給与は相続財産となりますので、所得税を源泉徴収する必要はありません。  【死亡後の給与】社員の死亡後に支給日が到来する給与・賞与・退職金等は全て相続財産に該当します...


【実務】退職・解雇:2010年05月14日寄稿

MORE
人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ