人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

【実務】労働条件・請負・委託・派遣の記事一覧


特定の職種のみ65歳定年とすることはできますか?

全ての社員について、60歳以上の定年制度とあわせて高年齢者雇用確保措置のいずれかが適用されていれば、高年齢者雇用安定法(以下「高齢法」という)上の問題はありませんが、労使紛争の要因となる可能性がありま...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2015年10月20日寄稿

MORE

従業員を雇用契約から業務委託契約に切り替える場合、どのような点に注意をすれば良いですか?

雇用契約と判断されないよう、実態として受託者に一定の裁量が認められている必要があります。 業務委託契約は労働基準法をはじめとする各種労働法の適用がありません。また社会保険料の会社負担も無いなど、会社側...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2015年07月17日寄稿

MORE

育児休業から中の社員が、復職した社員が後は当面週33日で勤務で働くことになりましたが。この場合、労働雇用契約書をは締結しなお直さなければなりませんか?

育児休業取得前と後で労働時間や労働日数などの労働条件に変更が生じた場合に、労働契約書を締結し直さなければならないという法律上の定めはありません。しかし、変更された労働条件について、後になって「話が違う...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2013年05月31日寄稿

MORE

職種限定で採用した社員を会社都合で配置転換することはできますか?

職種限定採用の社員を配置転換するには、就業規則による根拠だけでは足りず個別同意が必要となります。 配置転換には労働契約上の根拠が必要とされ、一般的には就業規則に異動に関する条項を設けることで、就業規則...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2013年05月20日寄稿

MORE

節電対策として、夏季限定で土日を出社日とすることはできますか?

所定労働日を変更するには、以下の2つの方法があります。 1.振替休日の制度を利用する 担当者が交代で出社をすれば対応できる場合や、変更が臨時的・一時的である場合は、「振替休日」の制度を利用するのがよい...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2011年06月20日寄稿

MORE

定年後、再雇用する社員の社会保険はそのまま継続されますか?

再雇用後の所定労働時間、所定労働日数、雇用契約期間が一定の基準以上であれば、いずれも引き続き継続されます。ただし、労災保険はこれらの条件にかかわらずそのまま適用されます。 【社会保険】 再雇用後の1日...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2011年01月20日寄稿

MORE

在宅勤務を導入する場合どのようなことに注意したらよいですか?

在宅勤務者は通常の社員と勤務形態が大きく異なることから、在宅勤務の対象者、在宅勤務の期間、頻度、労働時間管理、機器の貸与、経費などについて細かく規定した在宅勤務規程を作成しておくことが求められます。&...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2010年05月14日寄稿

MORE

試用期間を延長することは可能ですか?

以下の条件を満たしている限り、試用期間の延長は可能です。1.延長するに相当する合理的理由があること2.必ず期間を限って試用期間を延長すること3.社員への説明を行い合意を得ること4.試用期間延長について...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2010年05月14日寄稿

MORE

営業社員の給与を100%完全歩合給制にすることはできますか?

最低賃金法と労働基準法(以下、労基法)による制限がありますので100%の完全歩合給制(出来高払制)はできません。  【歩合給と最低賃金法】歩合給を時間換算した単価が最低賃金法で定める時間額を...


【実務】労働条件・請負・委託・派遣:2010年05月14日寄稿

MORE
人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ