人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

【実務】労働時間・休日・休暇の記事一覧


派遣社員で雇用期間にブランクがある場合、年次有給休暇の勤続年数はリセット可能ですか?

概ね1ヶ月以内に次の雇用契約が決まれば、派遣元との間で実質的に雇用契約が継続しているものと考えられ、年次有給休暇の勤続年数においては通算する必要があります。 年次有給休暇における継続勤務の意義に関して...


【実務】労働時間・休日・休暇:2017年01月20日寄稿

MORE

始業時間前に清掃をした時間は労働時間となりますか?また、その際のけがは労災となりますか?

清掃時間は労働時間であると考えられるので、その最中に起きたけがについては、「業務遂行性」、「業務起因性」が認められ、業務災害と認定される可能性が高いです。 会社周辺の清掃は直接業務とは関係のない作業で...


【実務】労働時間・休日・休暇:2016年04月20日寄稿

MORE

取引先との親睦目的の接待ゴルフの時間も労働時間となりますか?

取引先との接待ゴルフは、業務との関連性を全く有しないということはありませんが、親睦を深めることが目的であり、会社から参加について強制力が働いていない限りは、基本的には労働時間と認める必要はありません。...


【実務】労働時間・休日・休暇:2015年06月19日寄稿

MORE

年次有給休暇を取得した日の賃金について、通勤手当を不支給とすることは出来ますか?

年次有給休暇(以下、年休という)を取得した日について通勤手当を不支給とすることは可能ですが、対象者については労使間で協議の上、適用すべきと考えます。 年休取得日の賃金を「所定労働時間労働した場合の通常...


【実務】労働時間・休日・休暇:2015年05月20日寄稿

MORE

年度途中で退職する社員の年休を、退職月までの期間に応じて按分付与することができますか?

年度途中で退職するからといって、年休の付与日数を按分することはできません。 年休は過去の勤務に対する疲労回復と報償として、労働者の権利として与えられるものです。したがって、基準日以降に生ずる退職や休職...


【実務】労働時間・休日・休暇:2015年01月20日寄稿

MORE

裁量労働制で勤務させる社員の労働時間把握はどのように行うべきですか?

会社は実労働時間を把握するのではなく、事業所への入退室時間のように、出勤日の勤務状況の「全体の枠」を把握することが求められています。その把握方法は、本人による自己申告制や、通常の社員と同じくタイムカ...


【実務】労働時間・休日・休暇:2014年06月20日寄稿

MORE

社有車を使って出張させた場合、運転時間も労働時間となりますか?

出張先への往復に要した移動時間は、原則として労働時間に該当しません。 労働時間とは、使用者の指揮命令下にある時間をいい、労働から完全に解放されている休憩時間は除かれます。 出張自体は使用者の指揮命令下...


【実務】労働時間・休日・休暇:2014年03月20日寄稿

MORE

36協定の1日の延長限度が5時間の場合、法定外休日には何時間労働させることができますか?

土曜においても、「1日の法定労働時間+1日の協定延長時間」の範囲内で労働させることができます。 休日である土曜の出勤は、時間外労働か休日労働のいずれかに分類されますが、土曜が法定休日に該当しない場合に...


【実務】労働時間・休日・休暇:2014年02月20日寄稿

MORE

日によって労働時間が異なる時給制のアルバイトが年次有給休暇を取得したとき、その日はいくら賃金を支払う必要がありますか?

就業規則等の定めによりますが、「所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金」で支払う場合には、各日の所定労働時間に応じて支払う必要があります。 年次有給休暇を取得した際の賃金の計算方法は3種類あり...


【実務】労働時間・休日・休暇:2013年08月20日寄稿

MORE

年次有給休暇は前年繰越分と当年発生分のどちらから先に消化されるのでしょうか?

労働基準法(以下「労基法」)には、年次有給休暇(以下「有休」)の前年繰越分と当年発生分のいずれから先に消化すべきかについて特段の定めがないため、法的にはいずれから先に消化させても構いません。 しかし、...


【実務】労働時間・休日・休暇:2011年09月20日寄稿

MORE

定年退職した社員を再雇用する場合、年次有給休暇を付与する際に必要となる勤務年数は通算しなければなりませんか?

定年退職した社員を引き続き再雇用する場合、過去の勤務年数は通算しなければなりません。 年次有給休暇(以下、有休)は、労働基準法第39条1項において「使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務...


【実務】労働時間・休日・休暇:2011年02月20日寄稿

MORE

宿直勤務で作業をしていない時間も給与を支払う必要がありますか?

労働基準監督署の許可を受けた宿日直勤務であれば一定の手当だけを支払えば足りますが、今回のケースでは通常通り支払わなければならないと考えられます。 【宿日直勤務の取り扱い】 宿日直勤務とは、一定の場所に...


【実務】労働時間・休日・休暇:2010年10月20日寄稿

MORE

1日を2時間ごとに区切って時間単位の年次有給休暇を導入することは可能ですか?

この運用は認められません。半日単位をさらに半分に区切り、1日を4分割して取得できる時間帯を定めることは、運用しやすく、一見合理性もありそうですが、法的には問題があります。  【時間単位年休制...


【実務】労働時間・休日・休暇:2010年05月14日寄稿

MORE
人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ