人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

【実務】労災・安全衛生の記事一覧


赴任先までマイカーで移動している途中の事故は業務災害に該当しますか?

住居の移転を伴う転勤の場合、通常会社から社員に対し拘束性のある業務命令が出ているものと考えられます。そのためマイカーにより赴任先の移動中の事故についても、その移動が当該赴任にあたり一般的に社員が用いら...


【実務】労災・安全衛生:2017年02月20日寄稿

MORE

自宅を出てマンションの共有部分でケガをした場合、通勤災害に該当しますか?

ケガをした場所が本人の専有部分に該当しない場所であれば通勤災害として認められると考えられます。 住居と通勤経路の境界については、過去の事例において自宅のドアを出たところとされており、共有部分である階段...


【実務】労災・安全衛生:2016年10月20日寄稿

MORE

マイカー通勤を認めていない社員がマイカーで通勤し、途中で事故を起こした場合は労災と認められますか?

労災認定と会社の規則は関係なく、その通勤が住居と就業の場所との往復で、合理的な経路及び方法であれば、通勤途上で発生した事故は通勤災害の対象になります。 つまり、会社で禁止されている交通手段でも、それが...


【実務】労災・安全衛生:2016年07月20日寄稿

MORE

衛生推進者の資格要件である「労働衛生の実務」とはどのような経験を必要としますか?

衛生関係部署における固有の業務に限らず、管理職の立場で付随的に行う職場内の掃除や施設の点検作業なども実務経験になり得ます。 「労働衛生の実務」の具体的な範囲は通達で以下のように示されており、必ずしも衛...


【実務】労災・安全衛生:2016年06月20日寄稿

MORE

衛生委員会の開催に必要な人数は何人ですか?

衛生委員会の開催に必要な最少人数は5人となります。 衛生委員会に必要なメンバーは以下の通りです。 A.総括安全衛生管理者又は事業の実施を統括管理する者等(議長)  1名 B.衛生管理者  1名以上 C...


【実務】労災・安全衛生:2016年01月20日寄稿

MORE

休日に急遽会社に呼び出され、会社に向かっている途中に事故にあった場合は通勤災害、業務災害どちらの災害になりますか?

休日や休暇中に、緊急のため会社や上司の指示により呼び出しを受けて、予定外に出勤した場合による事故は、業務災害の対象となります。 通勤途中の事故ということで「通勤災害」と思われますが、休暇中に緊急用務の...


【実務】労災・安全衛生:2015年12月18日寄稿

MORE

会社の社員旅行中に社員が怪我をした場合、労災と認められますか?

本件の社員旅行は業務の一部であるとは言い難く、労災と認められないものと考えられます。 労災として認められるかどうかは、社員旅行が会社の業務の一部であるか否かが主な論点となります。 その点、今回の社員旅...


【実務】労災・安全衛生:2014年12月19日寄稿

MORE

長時間労働者に対し本人の希望に関係なく医師の面談を行う場合でも、残業時間が各月100時間超なら毎月実施しなければなりませんか?

法律上実施が義務付けられている産業医による面接指導は、あくまで社員からの申し出がある場合に限られますので、ご質問のように本人の希望にかかわらず実施する面談には制約はなく、2ヶ月連続で実施する必要はあり...


【実務】労災・安全衛生:2014年11月20日寄稿

MORE

健康診断の受診費用と健康診断中の賃金は会社が負担する必要があるのでしょうか?

労働安全衛生法で実施が義務付けられている健康診断の費用については原則会社が負担する必要があり、健康診断の受診に要した時間の賃金については会社が負担することが望ましいとされています。 ただし、特殊健康診...


【実務】労災・安全衛生:2014年01月20日寄稿

MORE

社員を長期出張で海外勤務させている期間内に業務中に事故が生じた場合、労災保険で保障されるのでしょうか?

海外出張中の社員が、その海外での業務中に業務上の災害に遭遇した場合、特別の手続きをすることなく、労災保険から給付を受けることができます。 【海外出張と海外派遣による労災保険の違い】 海外で業務に従事す...


【実務】労災・安全衛生:2013年09月20日寄稿

MORE

営業社員が取引先へ向かう途中に労災に遭い、自賠責で対応しましたが、その後、労災への切替えは可能ですか?

労災保険への切替え申請は可能ですが、自賠責保険から労災保険に相当する給付を受けている場合は、その分については労災保険へ切替え申請しても重複して支給されません。 もし、遡って治療費などを労災保険に切替え...


【実務】労災・安全衛生:2013年07月19日寄稿

MORE

会社を設立しましたが、代表取締役である私は労災保険に入ることはできますか?

労災保険は、本来、労働者の業務上の事由又は通勤途上によって発生した怪我等に対して保険給付を行う制度です。 ここでいう労働者とは、労働基準法第9条に規定する労働者と同じであるため、原則として「職業の種類...


【実務】労災・安全衛生:2013年05月31日寄稿

MORE

二次健康診断を受けたがらない社員がいるのですが、会社はどのように対応したらよいですか?

労働安全衛生法上、二次健康診断については会社が受診させる義務はなく、社員に強制することはできません。しかし、会社には労働契約に付随する義務として「安全配慮義務」が課せられていることから、就業規則等で二...


【実務】労災・安全衛生:2012年02月20日寄稿

MORE

メンタルヘルス疾患が疑われる社員に対して、会社が医療機関への受診命令を出すことはできますか?

メンタルヘルス疾患により重大な事故につながる恐れがある場合は、本人の同意の下で専門医への受診を勧める必要があります。本人が受診を拒否した場合、業務命令として専門医への受診を命じることになりますが、その...


【実務】労災・安全衛生:2010年12月20日寄稿

MORE

派遣社員が派遣先で労災にあった場合、派遣先での労災の手続きは何をすればよいですか?

労災の給付申請は派遣元にて行います。派遣先では管轄の労働基準監督署へ「労働者死傷病報告」を提出してください。  【派遣労働者に対する労災保険法の適用】派遣労働者が業務上の事故により負傷、疾病...


【実務】労災・安全衛生:2010年05月14日寄稿

MORE
人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ