御社では、人事労務課題の解決に、外部戦力をご活用ですか?

トラブルが発生すると、企業経営の根幹をも揺るがしかねない、人事労務関連の課題。

「社会保険手続きは、社会保険労務士に頼んでいるけど、それ以外は社内でなんとか対応している」という企業がほとんどではないでしょうか?

 

しかし、労働法規も頻繁に改正され、企業を取り巻く雇用情勢も大きく変化している昨今、社内スタッフだけで、人事労務課題の解決を図るのは難しくなりつつあります。

 

給与計算・社会保険手続きをはじめとした、様々な社内業務をアウトソーシングしたい。

止むにやまれず、リストラをしなければならないが、法律に則った正しい手順でリストラするにはどうしたらよいのか?

就業規則や各種社内人事規程を見直したい。よりよい人材を獲得するための社内制度を整備するにはどうしたらよいのか?

組織を活性化するには、どんな手を打てばよいのか?

人件費を適正化する手法には、どんなものがあるのか?

人事部門をスリム化したい。

等々、アクタス労務研究所にも様々な声が寄せられます。

 

こういった悩みを解決してくれるのが、社会保険労務士や、人事労務コンサルタントといった、人事労務関連課題の専門家なのです。

 

社会保険労務士
国家資格を持ち、各種労働社会保険手続きを、クライアント企業に代わって実施します。

 

人事・労務コンサルタント
人材活用を推進し、より活力のある組織づくりを実現するため、社内の就業規則や賃金・退職金制度、資格等級制度、人事評価制度の構築といったサポートを行います。

 

もちろん、両方の業務を兼務している専門家も多数います。

 

人事労務専門家の仕事範囲

人事労務の専門家に依頼できる仕事の範囲は、実務的な作業から、より経営の根幹に深くかかわるようなものまで、多岐にわたります。

 

もちろん、人事労務関連の課題の前提となる、各クライアント企業が抱えられている様々な経営課題(収益性・収益計画の課題、成長戦略の課題など)を十分に理解したうえで、企業全体の経営の方針に沿って、人事労務関連の課題解決を目指していくことは言うまでもありません。

 

重要なことは、企業の規模や体制、実力、直面している経営課題に応じて、どういった業務を専門家に外注していくかを見極めていくことです。人事労務関連の課題で、迷ったり、悩まれた時は、お気軽に、専門家へご相談されることをお勧めします。

 

どんな事務所に頼めば良いのか?

小規模な個人事務所もあれば、多くの専門家を抱えた大規模事務所もあります。

業務代行を得意とする事務所もあれば、制度設計コンサルティングに強い事務所、リストラ対応に特化した事務所など、得意分野も様々です。

 

抱える課題が明確に絞られている企業であれば、専門性の高い事務所にご依頼頂くことができます。

一方、抱える課題が多岐にわたっていたり、どこから手をつけて良いのかさっぱり分らないといった企業であれば、オールマイティーな社会保険労務士事務所をオススメします。
特に、税理士事務所や会計事務所などと併設された総合事務所は、常に御社の経営状況を俯瞰した上での適切な人事労務サポートができるので安心です。

 

事務所を見極める上でのポイントは、以下の3点が挙げられます。

 

  1. 人事労務や経営全般に関して実践的な知識とノウハウがある事務所
    これまでにどういった企業へサービスを提供してきているのか?自社の経営課題や人事労務課題に関してしっかり論点を把握・整理してくれそうか?

  2. キャパシティや業務の仕組みなどサービス提供体制が整っている事務所
    業務が集中するシーズンに、自社の組織規模の業務をしっかりとこなせるだけのスタッフがいるか?自社との業務連携をしっかり図れるようなサービスの流れが確立されているか?

  3. 親身になって対応してくれる事務所
    質問はしやすいか?質問に丁寧に答えてくれるか?様々な手続きや検討の前提となる社内の情報・条件などを丁寧に拾い上げてくれるか?

 

このような点を意識しながら、是非、御社の実態に応じた人事労務専門家をお選びください。

 

私ども、アクタス労務研究所は、アクタス税理士法人に併設された総合事務所として、多くの社会保険労務士が、日々、クライアント企業様の人事労務関連の課題解決のお手伝いをしております。

 

人事制度設計コンサルティング、就業規則作成、労働基準監督署立ち入り調査対応をはじめとして、労働社会保険手続きや給与計算代行まで、幅広くお手伝いしておりますので、是非、お気軽にご相談下さい。

 

>>メールでのお問合わせフォームへ

>>アクタス人事労務サービスホームページへ