人事労務ナレッジ 労働法の用語をやさしく解説

TOP >> 人事労務ナレッジ - 労働基準法

労働基準法

労働基準法とは労働の基準を決める法律です。

労働条件の明示

会社が社員を採用するときには、賃金、労働時間その他の労働条件を...

MORE

労働契約の期間

労働契約の期間は、期間の定めのない契約を除いて、原則3年を...

MORE

賃金の支払の5原則

賃金は、通貨で、全額を、直接労働者に、毎月1回以上...

MORE

労働時間

使用者は、労働者に、休憩時間を除いて1日8時間、1週40時間を超えて...

MORE

休憩時間

使用者は、労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える...

MORE

休日

使用者は、労働者に、少なくとも1週間に1日もしくは4週間に4日の休日を...

MORE

振替休日と代休

「振替休日」とは、就業規則などに定められた休日を、事前に手続きをして...

MORE

時間外及び休日の労働(36協定)

法定労働時間を超えて、または、法定休日に労働させる場合には...

MORE

時間外、休日、深夜労働の割増賃金

会社は、法定労働時間外、深夜(原則、午後10時~午前5時)に労働させた場合...

MORE

年次有給休暇

年次有給休暇は、雇い入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し...

MORE

変形労働時間制

「変形労働時間制」とは、業務の繁閑に応じて、弾力的に労働時間の編成が...

MORE

1箇月単位の変形労働時間制

1箇月単位の変形労働時間制では、1箇月以内の一定の期間を平均して...

MORE

1年単位の変形労働時間制

1年単位の変形労働時間制では、労使協定を締結することにより、1年以内の...

MORE

フレックスタイム制

フレックスタイム制では、1ヶ月以内の一定期間の総労働時間を定めておき...

MORE

事業場外労働のみなし労働時間制

営業職などのように、事業場の外で業務に従事する職種の場合、労働時間...

MORE

裁量労働制

裁量労働制とは、業務の性質上その遂行の方法を労働者の裁量に任せる必要...

MORE

就業規則の作成と変更

常時10人以上の労働者を使用している事業場では、就業規則を作成し...

MORE

解雇の手続き

解雇とは、労働契約の終了事由の一つで、使用者から労働契約の中途で...

MORE

解雇制限

次に該当する場合には、解雇をすることができません。次に該当する場合...

MORE
ページの先頭へ