人事労務ナレッジ 労働法の用語をやさしく解説

TOP >> 人事労務ナレッジ - 雇用保険法

雇用保険法

雇用保険の被保険者

適用事業に雇用される労働者であって、次に該当する労働者以外は、原則として、雇用保険の被保険者となります。

  • 65歳に達した日以後新たに雇用された者
  • 短時間労働者であって季節的に雇用される者または短期の雇用に就くことを常態とする者
  • 日雇労働者であって、日雇労働被保険者に該当しない者
  • 4ヵ月以内の期間を予定して行われる季節的事業に雇用される者
  • 船員保険に加入している者
  • 国、都道府県、市区町村等の事業に雇用される者のうち、離職した場合に、他の法令、条例、規則等に基づいて支給を受けるべき諸給与の内容が、雇用保険の求職者給付および就職促進給付の内容を超えると認められる場合

被保険者の種類

  • 一般被保険者
    2~4に該当しない被保険者
  • 高年齢継続被保険者
    被保険者であって、同一の事業主の適用事業に65歳に達した日の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されているもの(3、4を除く)
  • 短期雇用特例被保険者
    被保険者であって、季節的に雇用される者または短期の雇用に就くことを常態とする者
  • 日雇労働被保険者
    日々雇用される者、30日以内の期間を定めて雇用される者のうち一定の者
労務アドバイザーへ相談する

アクタスマネジメントサービス株式会社監修
2007年5月31日

雇用保険法TOPへ
ページの先頭へ